読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もこたんブログ@mocuLab(・ω・)

Programming & Designing

macOS SierraでiCloudに"デスクトップ"フォルダと"書類"フォルダを保存する設定を解除する方法

Sierraへのアップグレード時に「"デスクトップ"フォルダと"書類"フォルダ」をiCloud Driveに自動同期するようにしますか?と聞かれます。
自動バックアップなので便利です的なメッセージが出たので試しにやってみました。

使ってみた結果、デスクトップのファイルを削除や移動時に毎度「iCloud Driveから削除してもよろしいですか?」のメッセージが出るのが面倒になったため、解除することにしました。

これを解除する方法です。

 

解除する方法

システム環境設定>

f:id:mocotanus:20161224164802j:plain

 

iCloud

f:id:mocotanus:20161224164923j:plain

 

iCloud Drive>オプション

f:id:mocotanus:20161224165038j:plain

 

「"デスクトップ"フォルダと"書類"フォルダ」のチェックを外す

f:id:mocotanus:20161224165142j:plain

 

「切にする」

f:id:mocotanus:20161224165218j:plain

 

「切にする」をクリックすると、

macのデスクトップにあったファイル
・書類フォルダ内のファイル

が全て

iCloud Drive>デスクトップフォルダ
iCloud Drive>書類

へ移動され、ローカル側のファイルは消えます。
(いきなり消えたんで、一瞬焦りました。)

 

f:id:mocotanus:20161224165628j:plain

↑ iCloud Drive>デスクトップフォルダに移動される

 

必要なものはMac(ローカル)の任意のフォルダへ移動かコピーをします。
(iCloud Driveの書類フォルダ内のファイルを、ローカルの書類フォルダ内へコピーする、など。)
iCloud Drive内の不要なファイルは削除します。

 

「完了」

f:id:mocotanus:20161224165547j:plain

 

これで完了です。