読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もこたんブログ@mocuLab(・ω・)

Programming & Designing

Visual Studio for Mac Previewをインストールしてみた

MacC#を使ってスマホアプリなどを作成できるVisual Studio for Macを使ってみました。画面の指示に従って「次へ」をクリックするだけでだいたい完了です、と思いきや手動インストール多いです。

 

 

ダウンロード

https://www.visualstudio.com/ja/vs/visual-studio-mac/

へアクセスします。

 

f:id:mocotanus:20170430010500j:plain

Visual Studio for Mac Previewをダウンロード」をクリックすると、ダウンロードが開始されます。

 

インストー

ダウンロードされたdmgファイルをダブクリックしてインストーラーを起動します。

f:id:mocotanus:20170430011518j:plain

 

中央の下矢印をダブルクリックします。

f:id:mocotanus:20170430011941j:plain

 

メッセージが出た場合は「開く」をクリックします。 

f:id:mocotanus:20170430012049j:plain

 

License Terms(ライセンス条項)の画面で 、「I accept the License  Terms and the Privacy Statement(使用条件とプライバシーに関する声明に同意します)」にチェックを入れて、「Accept(同意する)」をクリックします。

f:id:mocotanus:20170430012652j:plain

 

インストールしたいものにチェックを入れて、「Continue」をクリックします。
・Xamarin.AndroidAndroidアプリを開発したいなら必要
・Xamarin.iOSiOSアプリを開発したいなら必要
・Xamarin.MacMacアプリを開発したいなら必要
・Xamarin Workbooksはツールの名前
・Inspecterはツールの名前

f:id:mocotanus:20170430013001j:plain

 

インストール場所の確認画面です。変更する場合は「Change...」をクリックして変更します。よければ「Continue」をクリックします。

f:id:mocotanus:20170430013722j:plain

 

インストールされるコンポーネントを確認して、よければ「Install」をクリックします。

f:id:mocotanus:20170430013935j:plain

 

手動インストー

大量のお知らせが出ました…いろいろ入っていない場合はこのようになるようです。指示に従いエラーを解決します。

 

Mono Framework

示されたリンクからpkgファイル(アーカイブ)をダウンロードします。
ダブルクリックして、すべてデフォルト値でMono Frameworkをインストールします。

f:id:mocotanus:20170430083014j:plain

 

f:id:mocotanus:20170430085705j:plain

 

Java SDK

ターミナル(アプリケーション>ユーティリティの中にあります)を起動して、「javac -version」を入力(かコピペ)して、エンターキーを押します。

f:id:mocotanus:20170430091903j:plain

 

Javaのプログラムをコンパイルする時に使うjavacコマンドのバージョンを確認できます。

f:id:mocotanus:20170430091941j:plain

 

説明にあるようなポップアップ画面が出なかったので、手動でJavaSDKの最新版をインストールすればいいんでしょうか?

 

参考:SDKとは
Software Development Kit(ソフトウェア開発キット)の略。
開発ツールのセットです。

 Android SDK

Android SDK for Mac OS X version 24.4.1」のリンク先からMac OS X向けのAndroid SDKをダウンロードします。

ダウンロードしたアーカイブをダブルクリックすると解凍されます。

f:id:mocotanus:20170430222905j:plain

 

f:id:mocotanus:20170430223203j:plain

 

ダウンロードしたフォルダの中身を
/Users/●●●(Homeの名前)/Library/Developer/Xamarin/android-sdk-macosx
の中にコピーします。

f:id:mocotanus:20170502235241j:plain

 

ライブラリフォルダは初期設定では非表示です。上記フォルダが表示できない場合は、エラー画面の「click here」をクリックすると開けます。

f:id:mocotanus:20170506150448j:plain

 

参考:

デフォルト設定ではライブラリフォルダが非表示になっています。ターミナルでコマンドを入力すると表示非表示を切り替えることができます。

常に表示する:chflags nohidden ~/Library
常に非表示にする:chflags hidden ~/Library

f:id:mocotanus:20170505135717j:plain

 

参考:

Finder全体の設定に関して
ショートカットキー「Command」+「Shift」+「.(ピリオド)」を入力すると、不可視ファイル・不可視フォルダの表示/非表示の切り替えができます。

 

 /ユーザ/●●●(Homeの名前)/ライブラリ/Developer/Xamarin/android-sdk-macosx/tools/android
をダブルクリックしてAndroid SDKマネージャアプリケーションを起動します。

f:id:mocotanus:20170503000913j:plain


もし「開発元が未確認のため開ません。」とメッセージが出た場合は、controlボタンを押しながらandroidをクリックして、「開く」をクリックします。

f:id:mocotanus:20170503000957j:plain

f:id:mocotanus:20170503001051j:plain

f:id:mocotanus:20170503001142j:plain

 

 必要なものにチェックを入れます。
少なくとも

は必要だそうです。

f:id:mocotanus:20170503002028j:plain

よければインストールをクリックして開始します。

 

ん?ライセンス同意画面でしょうか?「Accept License」を選択します。

f:id:mocotanus:20170503002556j:plain

 インストールをします。

 

なんか出ました。読んでないです。

f:id:mocotanus:20170503004338j:plain

ログ画面も閉じます。

f:id:mocotanus:20170503004542j:plain

インストールが終わったようなので関連する画面を閉じました。

 

また、Android NDK for Mac OS X version r10e」のリンク先からMac OS X向けのAndroid NDK バージョンr10eをダウンロードします。

f:id:mocotanus:20170503005405j:plain

 

先程と同じように進めます。
アーカイブを解凍します。
「〜.cpgz」というファイルができました…

f:id:mocotanus:20170503005631j:plain

これを開くと、また同じファイルができます。
困ったことにこれは無限ループしてしまいます。

f:id:mocotanus:20170503005747j:plain

 

うまくいかないので、公式からzipファイルをダウンロードしました。

NDK のダウンロード | Android Developers

にアクセスして、Mac用のパッケージをダウンロードします。(2017.045.04時点の最新バージョンはr14b)

f:id:mocotanus:20170504173506j:plain

f:id:mocotanus:20170504175536j:plain

 

zipファイルを解凍し、フォルダの中身を

/ユーザ/●●●(Homeの名前)/ライブラリ/Developer/Xamarin/android-ndk
にコピーします。

f:id:mocotanus:20170504180221j:plain

f:id:mocotanus:20170504180525j:plain

 

Visual Studio for Mac Preview

リンク先からアーカイブをダウンロードします。
ダブルクリックして開き、アイコンをアプリケーションフォルダにドラッグアンドドロップします。

f:id:mocotanus:20170505135852j:plain

f:id:mocotanus:20170505144954j:plain

 

 Xamarin.Android

リンク先からアーカイブをダウンロードします。ダブルクリックして開き、画面の指示通りに進んでインストールを完了させます。インストール先は初期値を使います。

f:id:mocotanus:20170505151642j:plain

f:id:mocotanus:20170505151652j:plain

 

 Xamarin.iOS

リンク先からアーカイブをダウンロードします。ダブルクリックして開き、画面の指示通りに進んでインストールを完了させます。インストール先は初期値を使います。

f:id:mocotanus:20170505152407j:plain

f:id:mocotanus:20170505152416j:plain

 

Xamarin.Mac

リンク先からアーカイブをダウンロードします。ダブルクリックして開き、画面の指示通りに進んでインストールを完了させます。インストール先は初期値を使います。

f:id:mocotanus:20170505163756j:plain

f:id:mocotanus:20170505164007j:plain

f:id:mocotanus:20170505164018j:plain

 

参考:
インストーラーの取り出しは取り出しアイコンをクリックします。

f:id:mocotanus:20170505145416j:plain

 

 

「Xamarin Manual Installation Instructions」画面に戻ります。
終わったら「Done」をクリックします。画面が閉じられます。

f:id:mocotanus:20170505165349j:plain

 

次の画面で、Java SDKのダウンロードができなかったらしいメッセージが表示されていました。詳細メッセージを見て、「Continue」(だったっけ?)をクリックすると画面が閉じました。

 

参考:
SDK(Software Development Kit)→ソフトウェア開発キット

JDK(Java Development Kit)→Java開発キット。JavaSDKJREを含む。
JRE(Java Runtime Environment)→Java実行環境。

 

JavaSDKがインストールされているかを確認します。
ターミナルで「java -version」と入力し、エンターキーを押します。
インストールされていればバージョンが表示されます。

f:id:mocotanus:20170505172211j:plain

インストールはされているようです。

 

一応最新バージョンをインストールしておきます。
オラクルのサイトよりJDKをダウンロードします。

Java SE Development Kit 8 - Downloads

 

ライセンスに同意するボタンにチェックを入れて、

f:id:mocotanus:20170505201104j:plain

 

Mac用のダウンロードリンクをクリックします。

f:id:mocotanus:20170505201113j:plain

 

 ダウンロードしたdmgファイルをダブルクリックして開き、指示に従ってインストールします。

f:id:mocotanus:20170505201646j:plain

 

 dmgファイルをダブルクリックして開きます。中央のアイコンをダブルクリックし、指示に従ってインストールを完了させます。

f:id:mocotanus:20170506125946j:plain

f:id:mocotanus:20170506130101j:plain

 

ターミナルで「java -version」を入力してバージョンを確認してみると、バージョンが更新されています。

f:id:mocotanus:20170506130326j:plain

 

起動

アプリケーションフォルダにある「Visual Studio.app」をダブルクリックして起動します。

f:id:mocotanus:20170506131029j:plain

f:id:mocotanus:20170506131036j:plain

 

Xcode

Xcodeを最新にアップデートしておきます。

f:id:mocotanus:20170507170154j:plain